【女性は必ずみてほしい】妊娠中のタバコが赤ちゃんに及ぼす危険性

Pocket
LINEで送る

『【女性は必ずみてほしい】妊娠中のタバコが赤ちゃんに及ぼす危険性』

どうも!

禁煙コンサルタントの田中です!

 

妊娠してるってわかったときって、ものすごく嬉しいですよね。

私たち夫婦もなかなかできない時期がありましたので、妊娠ってわかったときは夫婦でものすごく喜びました。

 

なので赤ちゃんに関してはものすごく愛情が大きいと思います。

こうなると気になるのはお腹の赤ちゃんへのリスクですよね。

 

妊娠すると女性ホルモンのバランスが一時的に崩れますので、情緒不安定気味なってしまいます。

 

なのでちょっとのことでも赤ちゃんは大丈夫か心配になってしまいます。

そんな情緒不安定な状態でも、なかなかタバコがやめられない女性も多くいます。

 

タバコがやめられない理由は色々あると思いますが、タバコがやめられない理由の1つとして、タバコの害を知らないということがあります。

 

タバコが、どれだけお腹の赤ちゃんにリスクがあるか知らないから、タバコを吸えるんです。

 

もしお腹の赤ちゃんへのリスクを知れば、それだけタバコは吸わなくなると思います。

お腹の赤ちゃんのためにです。

 

なので今回は『タバコがお腹の赤ちゃんに与えるリスク』について解説していきます。

ぜひあなたの禁煙の参考にしてください。

 

タバコの害の原因

まずはタバコの何が原因で赤ちゃんに悪影響を及ぼすかです。

基本的にはタバコの全てが悪いのですが、特に悪いのが「ニコチン」「タール」になります。

なので、まずはこの2つを解説していきます。

 

ニコチンとは?

まずはニコチンについてです。

タバコの煙には4000種類以上の化学物質が含まれており、その中でも有害物質とされているのが200種類以上も含まれてます。

その中で発がん性物質といわれるのが60種類以上も含まれています。

 

ニコチンとは、その有害物質の中の1つになります。

主にタバコの葉に含まれる天然由来の有害物質で、無色の油状の液体です。

 

ニコチンはヘロインやコカインと同じくらいの依存性があると、WHO(世界保健機関)が発表していますので、ニコチンで有名なのはニコチン依存症だと思います。

 

ですが、ニコチンの害はそれだけではありません。

毒性もかなりのものがあります。

 

『タバコに含まれるニコチンの健康被害を徹底検証!』にも書いてますが、ニコチンは昔、ネズミやゴキブリを駆除する薬として使わていたほど毒性が強いのです。

 

ニコチンの致死量は、成人の場合40~60mgといわれてます。

(最近の研究結果では、0.5gくらいともいわれてます)

40~60mgは、タバコ2~3本ほどです。

 

この毒性は、実は猛毒で知られる青酸カリよりも高いのです。

この高い毒性から、法律上も毒物及び劇物取締法の「毒物」に指定されています。

 

これほど強い毒性がありますので、妊娠中にタバコを吸うと赤ちゃんへのリスクはかなりのものです。

 

タールとは?

では次はタールについてです。

タバコを吸っていると、フィルターや歯が黄色く汚れていきますよね。

あれがタールです。

 

『タバコの有害物質タールの健康被害を徹底解剖!』にも書いてますが、タールをウィキペディア調べたら下記のように書かれています。

 

タール(乾留液(かんりゅうえき))とは、有機物質の熱分解によって得られる、粘り気のある黒から褐色の油状の液体である。

大部分のタールは石炭からコークスを生産する際の副産物として産出されるが、石油、泥炭又は木材その他の植物から作り出すこともできる。

【参考:ウィキペディア】

 

難しく書いてますが、要するに有機物を燃やすと発生するという事です。

単一の物質ではなく、目に見えない粒子をまとめてタールと呼ぶということです。

 

タバコにおけるタールの定義は、「煙から水分とニコチンを除去した後に残るもの」とされています。

 

このようにタールもかなり危険な有害物質なのです。

しかもタールのは発がん性物質が含まれています。

 

やはりタールもお腹の赤ちゃんへの悪影響は凄まじいものがありますよね。

 

妊娠中のタバコの赤ちゃんへのリスク

妊娠中にタバコを吸うとどのようなリスクがあるのでしょうか。

これを知ってしまえば、きっとタバコをやめると思っていただけると思います。

 

早産・流産・死産

流産の原因の多くは胎児の染色体異常とされていますが、タバコを吸うことで流産する確率は2倍以上になるといわれています。

 

また早産のリスクは、タバコを吸わない人と比べると3.5倍も高くなっています。

早産とは、妊娠35週までに赤ちゃんが産まれてしまうことですが、妊娠週数が少ない切迫早産切迫流産の危険性もありますので、赤ちゃんに障がいが残る可能性や死産する可能性が高くなります。

 

低出生体重児

 

低体重とは、2500g未満で産まれる赤ちゃんのことをいいます。

お腹の中で成長するはずの機能が十分に発育されていないために、産まれた後にも合併症や重度の感染症の危険性があります。

 

主な症状

・脳性麻痺

・精神発達遅延

・視力障害

・新生児仮死(かし)

・動脈管開存症 (どうみゃくかんかいぞんしょう)

・呼吸窮迫症候群 (こきゅうきゅうはく)

・低血糖

・電解質異常

・貧血

・黄疸(おうだん)

・慢性肺疾患

・無呼吸発作

このようにたくさんの病気のリスクがあります。

 

常位胎盤早期剥離

常位胎盤早期剥離(じょういたいばんそうきはくり)とは、赤ちゃんが子宮にいる状態で胎盤がはがれてしまうことです。

 

胎盤がないせいで酸素が送られず、脳に重い障がいのある子供が生まれれてくる可能性があります。

 

場合によっては、母子ともに亡くなる可能性もあります。

妊娠中にタバコを吸うことで、常位胎盤早期剥離になる可能性が約3倍も高くなります。

 

注意欠陥多動性障害(ADHD)

・不注意(集中力がない・気が散りやすい)

・多動性(じっとしていられない・落ち着きがない)

・衝動性 (順番を待てない・考える前に実行してしまう)

の3つの要素がみられる発達障害のことです。

 

小さい子供であればこれらの要素は誰にでも見られるものなので、周囲の人に障害として理解されにくいのです。

 

年齢や発達に不釣り合いな行動が、社会的な活動や学業に支障をきたすことがある障害です。

 

受動喫煙のリスク

受動喫煙とは、本人はタバコを吸わないが、近くの人のタバコの煙を吸うことです。

 

受動喫煙の場合は、本人がタバコを吸う場合に比べて、2~3倍ものニコチンを吸いこんでいます。

 

受動喫煙の場合でも

・低出生体重児

・発達障害

・早産、流産、死産

・喘息、アレルギー

・ダウン症

このように受動喫煙の場合でもたくさんのリスクがあります。

受動喫煙の方が危険かもしれません。

 

まとめ

いかがでしたでしょうか。

妊娠中に吸うタバコがどれだけリスクがあって、危険なのかがわかっていただけたと思います。

 

想像してみてください。

あなたはやっとの思いで妊娠できました。

 

嬉しさのあまり色んな人に報告すると思います。

旦那様にサプライズで報告するかもしれませんね(笑)

 

その他にも、あなたや旦那様のご両親、友人、会社の同僚など色んな方に報告すると思います。

 

旦那様のご両親もとても喜んでくれると思います。

もし初孫だったらそれはそれは大変ですよ。

きっとお祭り騒ぎです。

 

あなたも子供ができてホッとしてると思います。

子供を見せるのは最高の親孝行でもありますからね。

 

こんなにも喜んでいる両親や旦那様、友人がいます。

そんな中、あなたはなかなかタバコがやめれないと妊娠中でも吸ってしまってます。

 

悪いとはわかってます。

悪いとはわかっているけどなかなかやめることができません。

 

でもあなたはこう思ってます。

「私の友人は妊娠中にタバコ吸ってても、子供は健康に生まれてきたから、私も大丈夫だろう」と。

 

妊娠中のタバコは悪いと思っていながらも本気でやめませんでした。

そうゆう人に限ってなってしまうんですよね。

 

あなたとあなたの友人は違います。

友人の子供は健康に生まれてきたかもしれませんが、あなたもそうとは限りません。

 

あなたが吸っているタバコが原因で、流産になりかけています。

『​ 妊娠中にタバコを吸うと切迫流産になります!』にも書いていますが、「流産」とは、妊娠初期である妊娠週数が21週までの間に胎児が何らかの原因で流れてしまうことを言います。

 

赤ちゃんにとって大変危険な状態なんです。

もしここで流産してしまったら、あなたの両親や旦那様はどれだけ悲しみでしょうか。

 

あなたも責任を感じてしまい、自分を責めると思います。

「なんでタバコをやめなかったのか・・・」

 

きっとあなたはタバコを吸ったことを後悔すると思います。

もし流産しなかったとしても早産になる可能性があります。

 

あまりに早く生まれてしまった赤ちゃんは、合併症を引き起こしてしまい、重度の障害が残る可能性が高いのです。

 

あなたがタバコを吸ってしまったために、あなたの大切な赤ちゃんが、重い障害をもって生まれてくるかもしれないのです。

 

あなたの子供なので、生まれてきてくれたことは本当に嬉しいと思います。

あなたもあなたの両親も旦那様もそれは変わらないと思います。

 

嬉しいです。

でもです。

 

きっと心の奥底で「健康に産んであげれなくてごめんね」っていう後悔が残ります。

こんな風に思ってしまうなんて、親としてどれだけ辛いことか・・・。

 

私も小さい子供がいるので気持ちはわかります。

確かにタバコを吸わなかったとしても、このようになる可能性はあります。

 

ですが、妊娠中にタバコを吸うとあなたが後悔してしまう可能性が高くなるということです。

 

せっかくあなたの大切な赤ちゃんが生まれたのに、産んだことを後悔なんてしたくないですよね。

 

私も気持ちは一緒です。

そんな悲しいことは無くなってほしいと思います。

 

じゃあそれを無くすためにはどうしたらいいのか?

それは、「タバコをやめる」これしかないですよ。

もうこれしかないですよ。

 

今はニコチンが入ってない電子タバコなどもあります。

ですが、体に異物を入れるということは同じです。

何が起こるかわかりません。

 

なので、禁煙するなら禁煙グッズや電子タバコなどを使わず「自力で禁煙」するのが一番いいんです。

 

でも自分は意志が弱いから自力で禁煙はできないって思ってませんか。

実は禁煙は意志の強さは関係ないんです。

 

私は禁煙して9年ほどになりますが、意志はものすごく弱いです。

なので、禁煙するために大事なのは、「禁煙するための流れ」を知ることです。

 

禁煙するための流れさえ知ってしまえば、簡単に禁煙できます。

実際私がそれで禁煙しましたからね。

 

ですので私が、その「禁煙するための流れ」をこちらで教えています。

→https://kinen-lp.kinen-mind.com/kinen-lp/

 

なかなか禁煙できないと悩んでいるのであれば、ぜひ登録してみてください。

きっとあなたの禁煙の役に立ちますので。

 

想像していただけましたでしょうか。

妊娠中にタバコを吸うとあなたはきっと後悔してしまいます。

 

そんなことにならないためにも、禁煙しましょう。

それが家族の幸せにつながります。

 

参考になりましたでしょうか?

よかったらコメントいただけたらうれしいです!

 

最後まで読んでいただきありがとうございます。

このブログを「いいな」と感じていただけましたら、

下のランキングバナーを1回づつ押していただけると嬉しいです。

↓ ↓ ↓


人気ブログランキングへ

にほんブログ村 健康ブログ 禁煙へ
にほんブログ村

LINE@限定の禁煙情報もあります。

よければこちらも友達追加お願いします。

↓ ↓ ↓

友だち追加

Pocket
LINEで送る

“【女性は必ずみてほしい】妊娠中のタバコが赤ちゃんに及ぼす危険性” への5件の返信

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です