タバコが原因で髪が抜ける!薄毛の予防法を紹介!

Pocket
LINEで送る

『タバコが原因で髪が抜ける!薄毛の予防法を紹介!』

どうも!

禁煙コンサルタントの田中です!

 

男としては薄毛、ハゲ、このあたりは敏感なところですよね。

私もそうですが、できるだけ薄毛にはなりたくないと思ってます。

 

薄毛になる原因は色々あると思いますが、喫煙は薄毛になる原因の1つといわれています。

 

なので今回は『薄毛になる原因と予防法を紹介!』について解説していきます。

 

タバコで薄毛になる原因とは?

ではなぜタバコを吸うと薄毛になりやすくなるのでしょうか。

まずはここを解説していきます。

 

タバコによる血管の収縮

タバコに含まれるニコチンは、血管を収縮させる作用があるので、頭皮や体全体の血行を悪くします。

 

頭皮の血行が悪くなると髪に栄養を送る毛乳頭という部分に、必要な栄養素が届きにくくなりますので、しっかりと育つことができずに細くなったり、抜けやすくなってしまうのです。

 

また、タバコの煙には一酸化炭素が含まれています。

この一酸化炭素は、酸素を運ぶヘモグロビンと強力に結合するため、頭皮や髪の毛に運ばれる酸素の量も少なくなります。

 

タバコの血管収縮作用によって必要な栄養素や酸素が行き渡らなくなると、髪が十分に成長できない環境になってしまうのです。

 

タバコによるビタミン不足

タバコは、ビタミン類を大量に消費するという作用もあります。

ビタミンは髪の毛を健康に保つためにかかせない栄養素なんです。

 

特に髪の毛に必要と言われているのがビタミンEやビタミンC、ビタミンB12です

ビタミンEには血管を拡張する働きがあり、ビタミンCはこのビタミンEの吸収を促進する働きがあります。

 

タバコ吸うとこれらのビタミンを破壊したり、ビタミンの吸収を阻害するため、頭皮の血行不良を招くのです。

 

また、煙にはシアン化水素という成分が含まれ、このシアン化水素がビタミンB12を消費してしまいます。

ビタミンB12は、髪の毛が生成される際の細胞分裂を促す栄養素です。

 

そのため、ビタミンB12が不足すると髪がしっかり育たなくなる可能性があります。

 

男性ホルモンの増加

タバコは、男性ホルモンの増加にもつながります。

ここで注目すべきは、AGAの原因と言われている男性ホルモンジヒドロテストロン(DHT)。

 

タバコとDHTに関して、アメリカのハーバード大学で行われた調査によると、非喫煙男性と喫煙男性では、喫煙男性の方がDHTが多かったという結果が発表されています。

 

DHTは、頭頂部や前頭部に多く存在する男性ホルモン受容体と結びつくことで、髪の成長周期を乱し薄毛を招くとされています。

 

男性ホルモン受容体とDHTがどれほど結びつきやすいかは、遺伝によって決まっていますが、結びつきやすい体質の人は、タバコが薄毛の原因になるといえます。

 

また、DHTには皮脂の分泌作用があるため、頭皮のベタつきの原因になり、頭皮の環境悪化につながります。

つまりタバコは、男性ホルモンDHTの分泌を促し、薄毛や頭皮環境悪化に影響するといえるのです。

 

タバコによる肝臓への負担

タバコは、肝臓にも負担を与えます。

肝臓は体の中に溜まった毒素を処理してくれたり、摂取したものを栄養に変換してくれる部分です。

 

しかしタバコには、たくさんの有害物質が含まれていますよね。

この有害物質の処理も肝臓が行ってくれるのですが、有害物質が多いタバコを吸うことで肝臓はその処理に追われ、栄養の変換ができなくなるのです。

 

つまり、良い食事をとっていたとしても、肝臓が栄養の変換を行ってくれないため、結果として髪に必要な栄養が足りなくなることが考えられるのです。

 

電子タバコで薄毛にならないのか?

では最近流行っている電子タバコは、薄毛にならないのでしょうか。

電子タバコといっても色々あります。

 

加熱式電子タバコのアイコスやグロー。

リキッド式電子タバコのベイプなどです。

 

アイコスやグローに関しては、ニコチンやタールは含まれていますので、薄毛の原因になると思われます。

 

ベイプに関しては、ニコチンやタールが含まれていないですので、薄毛には影響内容な感じはあります。

 

ですが電子タバコはまだ安全とはいえません。

まあアイコスやグロー、ベイプの電子タバコは、通常の紙タバコに比べたら薄毛にはなりにくいかもしれませんね。

 

 

薄毛にならない方法

では薄毛にならないためには何をしたいいのでしょうか。

 

まずは禁煙すること

もし薄毛になりたくないと思うなら、まずは禁煙をしてください。

まずはここからです。

 

タバコは有害物質しか入っていません。

頭皮にいいはずがないですよね。

 

ビタミンを摂取する

先ほど書きましたが、タバコを吸うと頭皮や血管を健康に保つビタミンCが失われてしまいます。

 

タバコを吸う人は髪を育てるためのビタミンCが不足している可能性が高いので、食べ物やサプリでビタミンCを補っていきましょう。

 

ビタミンCは赤ピーマンや黄ピーマン、ブロッコリーなどの野菜やアセロラ、キウイ、イチゴなどの果物に多く含まれています。

 

肝機能を高める食品を摂取する

肝臓は育毛にとって大切な役割を持った器官ですが、タバコはその肝臓にもダメージを与えます。

 

タバコをたくさん吸う人、長く吸っている人の育毛には、肝臓の機能を高めて回復する食品もおすすめです。

 

肝機能を高めるには、肉や魚、大豆などに含まれるたんぱく質や、アサリやシジミなどに含まれるタウリンなどの栄養素が良いと言われています。

 

育毛剤を使用する

薄毛を改善するためには禁煙のほか、寝不足やストレスなど、薄毛の原因となる生活習慣を見直すのが基本になります。

 

しかし、仕事が忙しい人は規則正しい生活を続けるのが難しい時もありますよね。

そんな時に役立つのが育毛剤です。

 

育毛剤を使って頭皮と毛根をケアすることで効率的に育毛をすることができるので、薄毛に悩むならどんな年代の人でも育毛剤は使ったほうがいいんです。

特に、タバコを吸う習慣がある人は頭皮の血行が悪くなりがちです。

 

育毛剤には頭皮の血行を良くする成分が配合されているのが多いので、タバコで薄毛になった人の育毛に育毛剤はピッタリの育毛方法です。

 

まとめ

いかがでしたでしょうか。

薄毛になる原因は色々ありますが、喫煙すると薄毛になる可能性が非常に高くなってしまいます。

 

上記でも書いていますが、薄毛になりたくないと思ったら、まずは禁煙することから始めてください。

 

結構多いのが薄毛は気にして色々対策しているのに、タバコはやめられないという人です。

 

これでは、せっかく頭皮を良くしようと色々やっているのに、タバコを吸っているせいで効果が半減してしまってます。

 

これってすごくもったいないですよね。

薄毛に悩んでいる人は、どうしても髪の毛を生やしたいって思っているはずです。

 

だったら禁煙は絶対した方がいいですよね。

ですが、禁煙はなかなかできないと悩んでる方も多いと思います。

 

なので何度も禁煙した人にオススメの禁煙法をこちらで教えています。

→https://kinen-lp.kinen-mind.com/kinen-lp/

 

そのオススメの方法で禁煙すれば、簡単にそしてより早く禁煙することができます。

ぜひ登録してみてください。

 

参考になりましたでしょうか?

よかったらコメントいただけたらうれしいです!

 

最後まで読んでいただきありがとうございます。

このブログを「いいな」と感じていただけましたら、

下のランキングバナーを1回づつ押していただけると嬉しいです。

↓ ↓ ↓


人気ブログランキングへ

にほんブログ村 健康ブログ 禁煙へ
にほんブログ村

LINE@限定の禁煙情報もあります。

よければこちらも友達追加お願いします。

↓ ↓ ↓

友だち追加

 

Pocket
LINEで送る

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です