タバコに含まれるニコチンの健康被害を徹底検証!

Pocket
LINEで送る

『タバコに含まれるニコチンの健康被害を徹底検証!』

どうも!

禁煙コンサルタントの田中です!

 

タバコは健康に良くないというのはあなたもご存知だと思います。

ですが、タバコの何がどう悪いのかまで知ってる人はかなり少ないんです。

 

タバコの有害物質で特に有名なのが、ニコチンタールだと思います。

タールは体に悪いというのは知ってる人も多いのですが、ニコチンが体に悪いというのはあまり知られていないんです。

 

最近では加熱式電子タバコのアイコスが流行っていますが、アイコスはタールが入ってなくて、ニコチンだけなんで安全とか書いてあるのを目にします。

(実際はアイコスもタールは入ってるんですけどね・・・)

 

ニコチンの害は、「ニコチン依存症」だけと思っていませんか?

実はニコチンはタールに匹敵するほど体に悪いんです。

 

これを知ってしまうとタバコなんて吸えなくなってしまいますよ。

なので今回は『あなたの知らないニコチンの害』について解説していきます。

 

ニコチンとは?

まずはニコチンとは何なのでしょうか。

 

タバコの煙には4000種類以上の化学物質が含まれており、その中でも有害物質とされているのが200種類以上も含まれてます。

その中で発がん性物質といわれるのが60種類以上も含まれています。

 

ニコチンとは、その有害物質の中の1つになります。

主にタバコの葉に含まれる天然由来の有害物質で、無色の油状の液体です。

 

即効性の非常に強い神経毒がありますが、発がん性物質は入っていません。

発がん性物質が入っているのはタールになります。

 

ニコチンはヘロインやコカインと同じくらいの依存性があると、WHO(世界保健機関)が発表しています。

ですので、ニコチンを複数回摂取するとニコチン依存症になってしまうのです。

 

ニコチンの毒性とは?

上記でも書いていますが、ニコチンの害はニコチン依存症だけではありません。

毒性もかなりのものがあります。

 

ニコチンは昔、ネズミやゴキブリを駆除する薬として使わていたほど毒性が強いのです。

 

ニコチンの致死量は、成人の場合40~60mgといわれてます。

(最近の研究結果では、0.5gくらいともいわれてます)

 

40~60mgは、タバコ2~3本ほどです。

この毒性は、実は猛毒で知られる青酸カリよりも高いのです。

この高い毒性から、法律上も毒物及び劇物取締法の「毒物」に指定されています。

 

これだけ強い毒性を持ったニコチンですが、酸性度が高い胃液の中ではあまり吸収されません。

それに嘔吐作用もあるので、タバコを食べてしまったとしても、実際にそれで死亡することはほとんどありません。

 

タバコは、子どもの誤飲事故としてもかなり多いのですが、多少の量を食べてしまったとしても、重大な事態になることは少ないのです。

 

ですが、灰皿の中のニコチンを含んだ水を飲んでしまうと危険な状態になってしまいますので気をつけてください。

ニコチンが原因で引き起こされる病気とは?

これだけ毒性の強いニコチンですので、ニコチン依存症だけでなく、命の危険性のある病気になってしまうこともあります。

 

狭心症や心筋梗塞

ニコチンは心臓や血管の収縮機能を低下させるので、血圧が高くなり、心臓への負担の増加に繋がります。

 

動脈硬化

ニコチンによって、動脈の血管壁が厚くなり、血液が通りにくくなります。

それによって、酸素や栄養素が細胞に行き届かなくなり、まわりの組織が壊死して、動脈硬化を引き起こします。

 

腎臓病

ニコチンは毒ですので、毒が体内に取り込まれると、解毒しようとするのが腎臓です。

しかし、腎臓もニコチンをすべて解毒できるわけではありません。

2割以上が体内に残り、体内から抜けるのに数週間かかります。

 

このようにニコチンが体内に入ることによって、凄まじい負担がかかるため、

腎臓病を引き起こす原因となるのです。

腎臓病を悪化させると、腎不全にもつながります。

 

肌荒れや生理不順

ニコチンは女性ホルモンの分泌を低下させますので、生理不順、あるいは月経前症候群(PMS)、さらには不妊の原因にもなります。

 

またニコチンによって、血行が悪くなり、新陳代謝が低下することで、栄養や酸素が送られなくなると、肌のターンオーバーにも異常が起こります。

 

胎児、赤ちゃんへの悪影響

ニコチンは水溶性のため、母乳にもニコチンが含まれてしまいます。

なのでニコチン含んだ母乳を飲み続けると、赤ちゃんはニコチン中毒になってしまいます。

 

赤ちゃんがよくグズったり、なかなか寝ない、下痢などがでていたら、ニコチン中毒になっている可能性があります。

 

それに体内にニコチンを多く含んでいる女性から生まれた赤ちゃんは、成長が遅いと言われています。

 

まとめ

いかがでしたでしょうか。

タバコに含まれるニコチンの害は、「ニコチン依存症」だけではないということがわかっていただけたと思います。

 

最初に書きましたが、最近流行っているアイコスにもニコチンは含まれています。

 

アイコスは、有害物質を90%カットしましたと健康面でも安全とアピールしていますが、よく考えてください。

10%有害物質が残っていますからね。

 

ここまで読んでいただいたならわかると思いますが、10%でも残っているなら安全ではないんです。

よくアイコスは健康面でもいいと言われていますが、騙されないでください。

 

アイコスもニコチンが入っていますので、全然安全ではないのです。

多少は紙タバコよりはもしかしたらマシかもしれませんが、その程度でしかありません。

 

ですがアイコスは、タバコの臭いはかなり軽減されていますので、それを臭いを減らす目的で吸うなら全然良いと思いますし、むしろオススメです。

 

どうゆう目的で使うかが大事なってきますが、一番良いのは禁煙することです。

そうすれば、臭いも健康面も解決します。

それにお金も減らなくなるので、禁煙はメリットしかありません。

 

よくタバコでストレスを解消しているって言う人いますが、この気持ちもわかります。

自分タバコを吸っていた時はそう思っていましたので。

 

ですが、実際はまったく違うんです。

ニコチンのせいでストレスを解消していると思い込んでるだけなんです。

 

むしろ、タバコを吸わないときにでる禁断症状があるので、タバコを吸うとストレスは増大してるんです。

 

喫煙者はここになかなか気づけないんです。

私もまったく気づきませんでしたからね。

 

それにアイコスを使って禁煙できるとも言われたりしますが、これも信用してはいけません。

 

先ほども書きましたが、アイコスにはニコチンが入っていますので、ニコチン依存症から抜けることができません。

ですので、アイコスを使って禁煙することは難しいです。

 

結局は紙タバコからアイコスの乗り替わったというだけになります。

まあ臭いなどはほとんどなくなりますので、その点ではいいのですが、禁煙という意味では全然使えないです。

 

なので、一番オススメするのは自力で禁煙することです。

これがなんやかんやで一番簡単で、一番早く禁煙できます。

 

『禁煙外来の費用とその内訳を徹底解剖』にも書いてますが、禁煙外来の成功率もかなり低いですからね。

 

なので、私が一番良いと思うのは自力で禁煙することです。

でも自分は「自力では禁煙できない」って思っていませんか?

 

でもそんなことはないんです、自力で禁煙はできます。

だって私が自力で禁煙できましたので。

 

自力で禁煙すためにはやり方さえ知ってしまえば、簡単にそして早く禁煙できます。

簡単に、そして早く禁煙する方法をこちらで教えています。

→https://kinen-lp.kinen-mind.com/kinen-lp/

 

もしなかなか禁煙できなくて悩んでいるのであれば、ぜひ登録してみてください。

必ずあなたの禁煙の役に立ちますので。

 

参考になりましたでしょうか?

よかったらコメントいただけたらうれしいです!

 

最後まで読んでいただきありがとうございます。

このブログを「いいな」と感じていただけましたら、

下のランキングバナーを1回づつ押していただけると嬉しいです。

↓ ↓ ↓


人気ブログランキングへ

にほんブログ村 健康ブログ 禁煙へ
にほんブログ村

LINE@限定の禁煙情報もあります。

よければこちらも友達追加お願いします。

↓ ↓ ↓

友だち追加

Pocket
LINEで送る

“タバコに含まれるニコチンの健康被害を徹底検証!” への23件の返信

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です