禁煙できない原因はニコチン依存症と◯◯です!

Pocket
LINEで送る

『禁煙できない原因はニコチン依存症と◯◯です!』

どうも!

禁煙コンサルタントの田中です!

 

禁煙ってなかなか難しいですよね。

禁煙すると必ず襲われるのが、禁煙の禁断症状です。

 

その禁断症状がきつくて耐えれなくなってしまい、我慢できずタバコを吸ってしまって禁煙に失敗してしまうんです。

 

この禁断症状が起きる原因はニコチンです。

体が「ニコチン依存症」になってしまっているので、禁煙すると禁断症状が現れるんです。

 

で、禁煙できない原因は「ニコチン依存症」ってよくいわれます。

まあ確かにそれも間違いではないんですが、禁煙できない原因は「ニコチン依存症」だけではないんです。

 

これを知っておかないと、ほぼ間違いなく禁煙に失敗してしまいます。

なので今回は『禁煙できない原因はニコチン依存症と◯◯です!』という内容で書いていきます。

 

これを知っているのと知らないのとでは、禁煙するスピードが全然変わってきますので、ぜひ覚えておいてください。

 

ニコチン依存症とは

まずはニコチン依存症を簡単に説明していきます。

タバコを吸うとニコチンが数秒で脳に達し、快楽を感じさせるドーパミンを放出します。

 

これが「タバコを吸うと落ち着く」や「ホッとする」といったことが起きる仕組みです。

ですが、ものの30分もすると、体からニコチンが抜けてしまいます。

 

そうすると「イライラする」や「落ち着かない」などの禁断症状があらわれます。

 

そして、その禁断症状を解消するためにタバコを吸います。

このようにしてニコチン依存症になっていきます。

 

ニコチンは安全なのか?

ニコチン依存症になる理由は上記でご理解していただけたと思います。

ここではそもそもニコチンは安全なのか?ということをご説明していきます。

 

『ニコチンの危険性!知るとタバコは吸えなくなる!?』にも書いてますが、ニコチンは安全ではありません。

 

タバコの危険性といえば「タール」だけと思われがちが、「ニコチン」もそれと同様に危険なんです。

 

ニコチンはタバコの煙に含まれており、昔はゴキブリやネズミを駆除する薬として使われていたそうです。

駆除用の薬でしたので毒性は強力です。

 

禁煙補助パッチをつけたままでタバコを吸うと気持ち悪くなるのは、ニコチン濃度が高くなって引き起こされる急性中毒症状です。

 

ニコチンは非常に依存性の強いので、その依存度は麻薬と変わらないとまで言われています。

 

禁煙できない原因とは?

上記のような理由があるから、禁煙できない原因はニコチン依存症だっていわれるのです。

まあこれ自体は正しいことなので間違いではないんです。

 

ただ禁煙できない原因はニコチン依存症だけではないということです。

じゃあそれは何だと思いますか?

 

答え簡単なんです。

それは『習慣』です

 

禁煙できない原因は、『ニコチン依存症』と『タバコを吸う習慣』

この2つによって禁煙が難しいといわれてるんです。

なぜ習慣で禁煙できないのか?

人は習慣でタバコを吸いたくなるんです。

『ニコチン依存症が完全に治る期間は〇週間です』にも書いてますが、タバコを吸いたくなるポイントって決まっていませんか?

 

・寝起き

・食後

・仕事の休憩中

・自宅でくつろいでるとき

・寝る前

 

このような時ではないですか?

 

多分あなたは毎日同じようなところでタバコを吸ってたはずです。

体がそれを覚えてるので、そのタイミングになると吸いたくなるんです。

 

タバコを吸うタイミングが習慣化してるんです。

これはニコチンが原因ではなく習慣化が原因なんです。

 

禁煙に成功するためには?

 

ここまで読んでいただけたら、どうやって禁煙するかがわかったのではないかと思います。

 

禁煙できない原因は

『ニコチン依存症』『タバコを吸う習慣』です。

 

なのでこの2つ解消すれば禁煙できるということです。

じゃあどうやって解消するかですよね。

 

ニコチン依存症の解消方法

まずはニコチン依存症の解消方法です。

『禁煙5日目が一番危険な理由と2つの対処法とは?』にも書いていますが、ニコチン自体は3日間くらいで体から抜けます。

 

まあここは人によって少し誤差があるようですが、3日目~1週間くらいでほとんどの方が体からニコチンが抜けます。

 

なので、完全に抜けきった3日目~1週間くらいに禁断症状のピークがくる人が多いです。

で、これを乗り切ると禁断症状は落ち着いていきます。

 

かなりきつい時期になりますので、『【禁煙三種の神器】を使いこなせ!』でも書いてますが、ガムやミンティアなどを使って乗り切りましょう。

 

ガムやミンティアや飴は禁煙には使えないって言われますが、全然そんなことないですからね。

私はこの3つのおかげで禁煙できたようなもんですので。

 

なのでちゃんと使えばガムやミンティアや飴でも禁煙できますので安心してください。

 

タバコを吸う習慣の解消方法

上記にも書きましたが、体がタバコを吸うタイミングを覚えてしまってるんです。

なのでココ解消するためには習慣を変える必要があります。

 

まあ習慣を変えるって難しく聞こえますが、実際は簡単なんです。

今までは食後に一服だったのを、食後にデザートのように習慣を変えてあげればいいだけなんです。

 

そうすることでタバコを吸う習慣がなくなっていきますので、タバコを吸いたいと思わなくなっていきます。

 

まあ気になるのはどれくらいの期間やれば習慣が変わるのかだと思います。

大体の目安は3ヶ月です。

3ヶ月間頑張れば習慣は変わります。

 

まとめ

 

いかがでしたでしょうか。

禁煙できない原因をニコチン依存症だけって思ってる人多いんですよ。

 

ニコチン依存症も禁煙できない原因なんで間違ってがないんですが、ニコチン依存症を解消するだけでは禁煙はできないということがわかったと思います。

 

流れとしては、最初は「ニコチン依存症」が原因で禁煙できないんですが、ある期間をすぎると「タバコを吸う習慣」が原因で禁煙できなくなるんです。

 

これを知らなければずっと禁煙できません。

ニコチン依存症の解消方法とタバコを吸う習慣の解消方法では、やることが全然違うからです。

 

なので今回は禁煙できない原因とその解消方法まで解説しました。

今回書いたような方法でやれば禁煙できるようになります。

 

まあ私がこのやり方で禁煙しましたのでちゃんとできますので安心してくださいね。

 

簡単に禁煙したい方はこちら

↓ ↓ ↓ ↓ ↓

 

参考になりましたでしょうか?

よかったらコメントいただけたらうれしいです!

 

最後まで読んでいただきありがとうございます。

このブログを「いいな」と感じていただけましたら、

下のランキングバナーを1回づつ押していただけると嬉しいです。

↓ ↓ ↓


人気ブログランキングへ

にほんブログ村 健康ブログ 禁煙へ
にほんブログ村

LINE@限定の禁煙情報もあります。

よければこちらも友達追加お願いします

↓ ↓ ↓

友だち追加

Pocket
LINEで送る

“禁煙できない原因はニコチン依存症と◯◯です!” への5件の返信

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です