禁煙外来の費用とその内訳を徹底解剖

Pocket
LINEで送る

『禁煙外来の費用とその内訳を徹底解剖』

どうも!

禁煙コンサルタントの田中です!

 

今はタバコをやめたいと思えば禁煙外来にいくってイメージがあると思います。

もしかしたらあなたも禁煙外来にいこうか悩んだことあるのではないでしょうか。

 

私は禁煙してもう9年くらいたちますが、当時は禁煙外来はメジャーではなかったので、私は禁煙外来にはいってません。

なので、禁煙外来にいかなくても禁煙はできます。

 

ですが、これだけ流行っている禁煙外来気になりますよね。

正直私も気になります。

 

でも実際に禁煙外来にいくとなったら気になるのが費用だと思います。

禁煙外来にいって費用がバカ高かったらビックリしますからね。

 

なので今回は『禁煙外来の費用とその内訳』について解説していきます。

 

禁煙外来とは?

 

まずは簡単に禁煙外来とはどうゆうところか説明しておきます。

 

『禁煙外来でタバコはやめれるのか?驚きの禁煙成功率が判明!』にも書いていますが、禁煙外来とは、ニコチン依存症は病気と考え、医師の診察、指導のもとに治療をしていくというところです。

 

ヘビースモーカーが対象になっていて、ある一定の条件をみたせば健康保険が適用される仕組みになってます。

 

禁煙の治療期間は12週間が基本です。

その間に診察を5回受けることになります。

約3ヶ月くらいですね。

 

禁煙外来の費用

 

禁煙外来の費用は2つに分類されます。

 

・健康保険適用で約20000円程

・健康保険適用外で約65000円程

 

健康保険使わなければ、結構な金額になってしまいます。

 

禁煙外来の費用の内訳

禁煙外来の費用はどういった内訳になっているのでしょうか?

健康保険が適用される自己負担額3割の費用例でご説明していきます。

 

初回初診料(2週間処方)

・診察料:820円

・ニコチン依存症管理料:690円

・処方箋料:200円

・薬代:1830円

合計:3540円

 

2回目診療料(2週間処方)

・診察料:370円

・ニコチン依存症管理料:550円

・処方箋料:200円

・薬代:2400円

合計:3520円

 

3回目診療料(4週間処方)

・診察料:370円

・ニコチン依存症管理料:550円

・処方箋料:200円

・薬代:4410円

合計:5530円

 

4回目診療料(4週間処方)

・診察料:370円

・ニコチン依存症管理料:550円

・処方箋料:200円

・薬代:4410円

合計:5530円

 

5回目の診療料

・診察料:370円

・ニコチン依存症管理料:550円

合計:920円

 

1回目〜5回目の総合計

総合計:19040円

【参考:禁煙外来について/生協北診療所】

 

上記の例は禁煙外来で処方される薬(チャンピックス)を例とした費用です。

処方されるものによって費用は多少変わりますが、だいたいこんな感じです。

 

禁煙外来の健康保険適用基準とは?

 

上記である一定の条件を満たせば健康保険が適用されると書きましたが、ある一定の条件とは何なのでしょうか?

その条件は以下になります。

 

・ニコチン依存症の判定テストが5点以上

・[1日の平均喫煙本数×これまでの喫煙年数]が200以上(2016年4月より35歳未満には上記要件がなくなりました)

・1ヶ月以内に禁煙を始めたいと思っている

・禁煙治療を受けることを文書で同意している

・1度禁煙外来を受診した方は、前回の治療の初回診療日から1年経過していること

 

これらの条件を満たせば禁煙外来で健康保険が適用されます。

禁煙外来はヘビースモーカーが対象なので、健康保険を使うにはなかなかハードルが高いようですね。

ニコチン依存症判定テストとは?

上記の5つをクリアすれば健康保険が適用されます。

まずは調べてみましょう。

 

1.ニコチン依存症の判定テストが5点以上

ニコチン依存症判定テストとは、名前の通りあなたがニコチン依存症になっているか判定するテストになります。

 

ニコチン依存症判定テスト(TDS)は、日本循環器学会が定めている「禁煙治療のための標準手順書」に基づいた判断基準になります。

 

以下の10個の項目のうち、5つ以上に当てはまった場合はニコチン依存症になっている確率が高いとされています。(※最終的な判断は、禁煙外来にて医師が行います)

 

①自分が吸うつもりよりも、ずっと多くタバコを吸ってしまうことがありましたか。

②禁煙や本数を減らそうと試みて、できなかったことがありましたか。

③禁煙したり本数を減らそうとしたときに、タバコがほしくてほしくてたまらなくなることがありましたか。

④禁煙したり本数を減らしたときに、次のどれかがありましたか。

・イライラ ・眠気 ・神経質 ・胃のむかつき ・落ち着かない ・脈が遅い ・集中しにくい・手のふるえ ・ゆううつ ・食欲または体重増加 ・頭痛

⑤上の症状を消すために、またタバコを吸い始めることがありましたか。

⑥重い病気にかかったときに、タバコはよくないとわかっているのに吸うことがありましたか。

⑦タバコのために自分に健康問題が起きているとわかっていても、吸うことがありましたか。

⑧タバコのために自分に精神的問題※が起きていると分かっていても、吸うことがありましたか。

⑨ 自分はタバコに依存していると感じることがありましたか。

⑩タバコが吸えないような仕事やつきあいを避けることが何度かありましたか。

※禁煙や本数を減らした時に出現する離脱症状(いわゆる禁断症状)ではなく、喫煙することによって神経質になったり、不安や抑うつなどの症状が出現している状態。

 

いかがでしたか?

5点以上あれば保険は適用されます。

 

[1日の平均喫煙本数×これまでの喫煙年数]が200以上(2016年4月より35歳未満には上記要件がなくなりました)

これは結構きびしい条件ですね。

 

1日20本で10年吸ってないといけない計算になります。

でもヘビースモーカーの方ならまあ大丈夫でしょう。

 

ですが、2016年4月より35歳未満にはこの条件はなくなったようです。

この条件がある時は、若い人はほとんど保険適用外でしたからよかったです。

 

1ヶ月以内に禁煙を始めたいと思っている

すぐに禁煙したいと思って禁煙外来にいってるわけですので、これは問題ないですね。

 

禁煙治療を受けることを文書で同意している

これも問題ないですね。

 

1度禁煙外来を受診した方は、前回の治療の初回診療日から1年経過していること

初診の方は問題ないと思いますが、2回目以降の方は注意が必要ですね。

 

まとめ

いかがでしたでしょうか?

健康保険が適用されればそこまで費用は高くないですね。

19000円程度で禁煙できるなら安いもんだと思います。

 

ですが、1回で禁煙できなければ2回目以降はかなり高額なる場合があります。

なのでできれば1回で禁煙したいですよね。

 

ですが、『禁煙外来でタバコはやめれるのか?驚きの禁煙成功率が判明!』にも書いていますが、禁煙外来の成功率は正直いってそんなに高くはありません。

 

理由は5回の通院が億劫になってほとんどの方が続いてません。

5回全て通院できた方ですら、禁煙の成功率は49.1%ほどです。

 

通院を1回しかいかなかった方の禁煙成功率は6.5%ほどとかなり下がってしまいます。

2回しかいかなかった場合は15.9%

3回しかいかなかった場合は24.7%

4回いった場合は29.1%

 

このように通院しなかった方の禁煙成功率は全然違うんです。

しかもこの禁煙成功の基準も、治療終了後9ヶ月間なんです。

 

つまり、禁煙外来で治療を完了して、9ヶ月間禁煙してる人が49.1%ということなんです。

これが1年になると、禁煙成功率が30%を割ってしまうんです。

 

このように、禁煙外来はそこまで禁煙の成功率は高くないんです。

この事実を知らない人は、「自分は禁煙外来にいっても禁煙できなかった・・・。もう禁煙はできないんだ・・・」と思って禁煙を諦めてる人も多いんです。

 

あなたももしかしたらそう思ってるかもしてません。

この事実さえ知ってれば、そんなことないというのがわかっていただけると思います。

 

禁煙外来の禁煙成功率の低さの原因は色々ありますが、やはり薬に頼ってるというのが大きいです。

 

薬に頼って禁煙するので、禁煙外来が終了したあと急に薬を使わなくなるので、禁煙外来終了後に失敗しやすくなるんです。

 

ですので、もし禁煙を考えてるのであれば、禁煙外来にはいかず自力で禁煙してほしいと思います。

 

自力で禁煙できれば、禁煙外来のように薬に頼った禁煙ではないので、長く続けることができます。

 

でも自力でなかなかできないから禁煙外来にいこうと思ったのかもしれません。

ですが安心してください、禁煙は自力でできます。

私が自力で禁煙しましたので。

 

でもどうやって自力で禁煙したらいいかわからないと思います。

なので自力で禁煙する方法をこちらで教えています。

→https://kinen-lp.kinen-mind.com/kinen-lp/

 

禁煙には禁煙するための流れというのがあります。

その方法を教えていますので、何度も禁煙に失敗している方はぜひ登録してみてください。

 

参考になりましたでしょうか?

よかったらコメントいただけたらうれしいです!

 

最後まで読んでいただきありがとうございます。

このブログを「いいな」と感じていただけましたら、

下のランキングバナーを1回づつ押していただけると嬉しいです。

↓ ↓ ↓


人気ブログランキングへ

にほんブログ村 健康ブログ 禁煙へ
にほんブログ村

LINE@限定の禁煙情報もあります。

よければこちらも友達追加お願いします。

↓ ↓ ↓

友だち追加

 

Pocket
LINEで送る

4 Replies to “禁煙外来の費用とその内訳を徹底解剖”

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です