【禁煙のコツ】タバコの害を自分事と捉えるから禁煙できる

Pocket
LINEで送る

『【禁煙のコツ】タバコの害を自分事と捉えるから禁煙できる』

どうも!

禁煙コンサルタントの田中です!

 

やっぱりアレですね~
みんなタバコの害を他人事と思ってますね。

 

いやね、
私の知り合い男性が今年入籍するって
最近きいたんです。

 

私は相手の女性とも知り合いなんですが、
この夫婦、
どっちもタバコ吸ってるんですよ(^^;)

 

だから、
私としては言うわけですよ。

 

「結婚するならタバコやめた方がいいよ」
って。

 

でもね、
やっぱりみんな言います。

 

「うちは大丈夫」
って。

 

なんで?ってきくと
これもまたみんな同じこと言います。

 

「自分の親も吸ってたけど自分健康やもん」
って。

 

もうね~
みんな同じこと言います(^^;)

 

以前から私はよく言ってますが、
自分が健康に生まれたからって
自分の子供も健康に生まれるとは
限らないんですよ。

 

全然タバコを吸わない夫婦ですら、
障害や病気をもって生まれてくる子が
いるんです。

 

タバコを吸えば
障害や病気をもって生まれてくる確率は
グっと上がります。

 

だから
タバコはやめてほしいんです。

 

病気になった後では遅いんですよ。

 

子供ができたら、
この辺を本当に考えてほしいんですよね。

 

で、
タバコ吸ってる妊婦から
生まれてくる赤ちゃんのリスクで
特に気を付けてほしいのが
4つあります。

 

『妊娠中に煙草を吸うと絶対後悔する7つの理由』
にも書いてますが、

 

・流産、早産、死産

・低出生体重児

・常位胎盤早期剥離

・ADHD

 

この4つです。

 

この4つとも病気や障害が残る可能性が
ある病気ですからね。

 

だから本当にタバコは危険なんですよ。

 

全部危険なんですが、
私が特に気にしてるのが早産です。

 

『妊娠中の煙草が原因で切迫早産に。その危険すぎるリスクとは?』
にも書いてますが、
早産とは妊娠22週~36週で
生まれてしまうことです。

 

生まれるのが早ければ早いほど
病気は障害をもちやすいんです。

 

まあ今の医療技術なら
ある程度早く生まれても
病気や障害も残さずいけるそうです。

 

でもです。
これも全員ではないんですよ。

 

今の医療技術でも、
病気や障害をもって生まれてくる子は
たくさんいるんです。

 

だから
タバコは止めた方がいいんですよ。

 

でもこれをみんな 

「うちの子は大丈夫」

って思ってます。

 

マジでこの考えマズイですからね(^^;)

妊娠してる夫婦がやることは
できる限り病気、障害のリスクを減らして
健康に子供を生む努力をすることだと
思います。

 

リスクをゼロにすることはできません。

 

でも、
ゼロに近づけることはできます。

 

タバコを吸うってことは
リスクを高めてるってことです。

 

だから

「うちの子は大丈夫」

なんて思わず、
大切なわが子のために
健康に生む努力をしてあげましょう。

 

私の妻も2人目を妊娠してます。
今のところは問題は内容ですが、
出産は何が起こるかわかりません。

 

妻に健康な子供を生んでもらうために
私も色々努力してます。

 

だからあなたも他人事考えずに
自分事と捉えてほしいです。

 

タバコは、
自分にも、自分の子供にも良いことなんて
1つもありません。

 

妊娠というのは禁煙するいい機会です。
ぜひ禁煙しましょう!

 

参考になりましたでしょうか?

よかったらコメントいただけたらうれしいです!

 

最後まで読んでいただきありがとうございます。

このブログを「いいな」と感じていただけましたら、

下のランキングバナーを1回づつ押していただけると嬉しいです。

↓ ↓ ↓


人気ブログランキングへ

にほんブログ村 健康ブログ 禁煙へ
にほんブログ村

LINE@始めました!

よかったら友達登録お願いします(^^)

今ならタバコの害を知る3大特典をプレゼント中(^^)/

↓ ↓ ↓

友だち追加

Pocket
LINEで送る

“【禁煙のコツ】タバコの害を自分事と捉えるから禁煙できる” への1件の返信

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です