タバコの有害物質タールの健康被害を徹底解剖!

Pocket
LINEで送る

『タバコの有害物質タールの健康被害を徹底解剖!』

どうも!

禁煙コンサルタントの田中です!

 

タバコに含まれる有害物質で有名なのは、「タール」「ニコチン」だと思います。

 

タバコがやめれない原因はニコチン依存症といわれるくらいですので、ニコチンのことは知ってる方も多いのですが、タールについて知ってる方は意外に少ないのです。

 

タバコに含まれるタールの健康被害は尋常ではありません。

ニコチンも毒ですので、ニコチン依存症だけでなく、危険な病気になるリスクがあるのですが、致死性の病気のリスクはタールの方が上かもしれません。

 

なので今回は『あなたの知らないタールの健康被害』について解説していきます。

 

タールとは?

まずタールとは何なのでしょうか。

タバコを吸っていると、フィルターや歯が黄色く汚れていきますよね。

あれがタールです。

 

タールをウィキペディア調べたら下記のように書かれています。

 

タール(乾留液(かんりゅうえき))とは、有機物質の熱分解によって得られる、粘り気のある黒から褐色の油状の液体である。

大部分のタールは石炭からコークスを生産する際の副産物として産出されるが、石油、泥炭又は木材その他の植物から作り出すこともできる。

【参考:ウィキペディア】

 

難しく書いてますが、要するに有機物を燃やすと発生するという事です。

単一の物質ではなく、目に見えない粒子をまとめてタールと呼ぶということです。

タバコにおけるタールの定義は、「煙から水分とニコチンを除去した後に残るもの」とされています。

 

タールの健康被害とは?

タールは、タバコの煙と一緒に出てきて、そのまま肺や喉、皮膚につきます。

タールはちょっとやそっとでは取れません。

 

タバコの煙には4000種類以上の化学物質が含まれており、その中でも有害物質とされているのが200種類以上も含まれてます。

 

タールで最も問題になっているのは、発がん性物質(正常な細胞をがんにしてしまう物質)とが含まれている事です。

しかもその発がん性物質はなんと60種類以上も含まれています。

 

1本のタバコに含まれているタールの量は少なくても、毎日の蓄積でガンになりやくなっていまいます。

実際に、ガンによる死亡率は飛躍的に上がります。

 

以下は、男性の非喫煙者を1.0とした場合の喫煙者との死亡率の比較です。

喉頭がん   32.5倍

肺がん     4.5倍

肝臓がん    3.1倍

口腔・咽頭がん 3.0倍

食道がん    2.2倍

膀胱がん    1.6倍

胃がん     1.4倍

 

これだけガンで亡くなる確率が上がってしまうのです。

この他にも、

・肝臓ガン

・大腸ガン

・舌ガン

・子宮頸ガン

・歯周病

・慢性気管支炎

・気管支喘息

 

まだまだこの他にたくさんあります。

これだけタールは危険だということです。

 

あなたが勘違いしているタール量の違い

タバコにタールの量が表記されていますよね。

例えばメビウス1mgやメビウス10mgなどです。

 

これは、タールが1mg、タールが10mgという意味です。

実はこのタールの表記について勘違いされてる方が多いのです。

 

このような理由でタバコを吸っていませんか?

・健康に気を使って軽いタバコを吸っている

・軽いタバコを吸っているから依存性は少ない

このような理由で軽いタバコを吸っている方も多いのです。

 

ですが、メビウス1mgでもメビウス10mgでもタールの量は同じなんです。

何が違うかと言うと、フィルターの密度が違うんです。

 

ですので、メビウス1mgとメビウス10mgの違いはタールを吸い込む分量が違うということです。

 

フィルターでタールを吸い込む分量を調整しているということです。

タールを吸い込む量は減りますが、副流煙などの害はまったく同じなのです。

 

なので、健康に気を使ってタールの表記量の少ない軽いタバコを吸っても、あまり意味はないのです。

 

むしろ軽くすることによって、タバコの本数が増える人が多いので逆に健康被害が大きくなります。

 

メビウス1mg×10本=メビウス10mg×1本

これはイコールではないですからね。

 

タールの吸い込む量同じかもしれませんが、その他の有害物質などを考えると、メビウス1mgをたくさん吸ったほうが健康には良くないのです。

 

同じ理由でタール表記量の少ないタバコを吸っても、依存性はタール表記量の多いタバコと同じなんです。

 

まとめ

いかがでしたでしょうか。

タールの健康被害は尋常ではなかったと思います。

 

上記でも書いていますが、健康のためのタール表記量の少ないタバコを吸ってもほとんど意味ないのです。

 

まあその前に、タバコを吸いながら健康に気を使うっていうのがそもそもおかしなことですけどね。

でも気持ちはわかります。

 

喫煙者もタバコが体に悪いというのは知っていますので、少しでも悪くならないように、タバコを吸ってるのに健康に気を使うという謎の行動を起こしますからね。

 

私も似たようなことしてました。

でも本当に健康に気を使うなら禁煙するのが一番です。

 

これに勝るものはありません。

特にあなたにお子さんがいるのであれば、絶対タバコはやめてください。

 

タバコは吸ってる本人だけでなく、近くにいる家族にまで害があります。

いわゆる受動喫煙です。

 

あなたがお子さんの近くでタバコを吸うことで、あなたのお子さんは「せき」や「たん」が増えていきます。

 

お子さんが「せき」や「たん」が多くなってるのは、風邪のせいだろうとあなたは思い、気にせずどんどんお子さんの前でタバコを吸ってしまいます。

 

そうすると、お子さんは「せき」や「たん」が悪化してしてしまい、「気管支炎」や「肺炎」になってしまいます。

 

そして病院の先生から言われるのです。

これはタバコが原因ですと。

 

こうなったらもう大変ですよね。

あなたのせいで大切お子さんが病気になり、夫婦喧嘩が増え、最終的には・・・。

 

まあここまではいかなくても、あなたの大切なお子さんが、あなたのせいで病気になってしまうんです。

 

親としてはそれだけは避けたいですよ。

私も子供がいるので気持ちはわかります。

 

ですので、健康のためにもお子さんのためにもタバコはやめた方がいいのです。

とはいっても禁煙ってなかなかできませんよね。

 

私も何度も失敗しました。

でもあることをすれば禁煙って簡単にできるんです。

 

おかげ様で私も禁煙できましたので。

もしあなたが何度も禁煙に失敗しているのであれば、オススメの方法です。

 

そのオススメの方法はこちらで紹介してます。

→https://kinen-lp.kinen-mind.com/kinen-lp/

 

禁煙できなくて悩んでいるのであれば、ぜひ登録してみてください。

きっとあなたの役に立ちますので。

お子さんのためにぜひ禁煙しましょう。

 

参考になりましたでしょうか?

よかったらコメントいただけたらうれしいです!

 

最後まで読んでいただきありがとうございます。

このブログを「いいな」と感じていただけましたら、

下のランキングバナーを1回づつ押していただけると嬉しいです。

↓ ↓ ↓


人気ブログランキングへ

にほんブログ村 健康ブログ 禁煙へ
にほんブログ村

LINE@限定の禁煙情報もあります。

よければこちらも友達追加お願いします。

↓ ↓ ↓

友だち追加

Pocket
LINEで送る

“タバコの有害物質タールの健康被害を徹底解剖!” への9件の返信

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です