アイコスは本当にタバコより健康被害が少ないのか徹底解説

Pocket
LINEで送る

『アイコスは本当にタバコより健康被害が少ないのか徹底解説』

どうも!

禁煙コンサルタントの田中です!

 

今は色んな電子タバコがでていますよね。

アイコス、プルームテック、グロー、べイプなど色々あります。

 

このようにあまりに種類が多すぎて、電子タバコの違いがわからない人も結構いらっしゃるようです。

 

このような理由もあって、アイコスはタバコより健康被害は少ないとよく言われます。

アイコスもそのように宣伝していますよね。

 

ですが本当にそうなのでしょうか?

ですので今回は『アイコスは本当にタバコより健康被害は少ないのか?』について解説していきます。

 

タバコの健康被害とは?

そもそもタバコの何が私たちの体によくないのでしょうか。

基本的にはタバコの全てが悪いのですが、特に悪いのが「ニコチン」「タール」になります。

なので、まずはこの2つを解説していきます。

 

ニコチンとは?

まずはニコチンについてです。

『タバコに含まれるニコチンの健康被害を徹底検証!』にも書いていますが、タバコの煙には4000種類以上の化学物質が含まれており、その中でも有害物質とされているのが200種類以上も含まれてます。

その中で発がん性物質といわれるのが60種類以上も含まれています。

 

ニコチンとは、その有害物質の中の1つになります。

主にタバコの葉に含まれる天然由来の有害物質で、無色の油状の液体です。

 

ニコチンはヘロインやコカインと同じくらいの依存性があると、WHO(世界保健機関)が発表していますので、ニコチンで有名なのはニコチン依存症だと思います。

 

ですが、ニコチンの害はそれだけではありません。

毒性もかなりのものがあります。

 

ニコチンは昔、ネズミやゴキブリを駆除する薬として使わていたほど毒性が強いのです。

 

ニコチンの致死量は、成人の場合40~60mgといわれてます。

(最近の研究結果では、0.5gくらいともいわれてます)

 

40~60mgは、タバコ2~3本ほどです。

この毒性は、実は猛毒で知られる青酸カリよりも高いのです。

 

この高い毒性から、法律上も毒物及び劇物取締法の「毒物」に指定されています。

 

タールとは?

では次はタールについてです。

タバコを吸っていると、フィルターや歯が黄色く汚れていきますよね。

あれがタールです。

 

『タバコの有害物質タールの健康被害を徹底解剖!』にも書いてますが、タールをウィキペディア調べたら下記のように書かれています。

 

タール(乾留液(かんりゅうえき))とは、有機物質の熱分解によって得られる、粘り気のある黒から褐色の油状の液体である。

大部分のタールは石炭からコークスを生産する際の副産物として産出されるが、石油、泥炭又は木材その他の植物から作り出すこともできる。

【参考:ウィキペディア】

 

難しく書いてますが、要するに有機物を燃やすと発生するという事です。

単一の物質ではなく、目に見えない粒子をまとめてタールと呼ぶということです。

 

タバコにおけるタールの定義は、「煙から水分とニコチンを除去した後に残るもの」とされています。

 

このようにタールもかなり危険な有害物質なのです。

しかもタールは発がん性物質を含んでいます。

 

このようにタバコの健康被害はすさまじいものがあります。

しかもこれはほんの一部でしかありません。

 

タバコとはこれほど害があるのです。

ではアイコスはどうなのでしょうか。

 

アイコスとは?

アイコスの健康被害の前に、アイコスとは何なのかをご説明していきます。

 

アイコスとは、フィリップモリスから販売されてる火を使わないタバコです。

タバコは火を使って、タバコ葉を燃やしてニコチンを摂取します。

 

一方アイコスは、タバコの葉を熱して出た水蒸気を吸うことで、ニコチンを摂取するんです。

なのでアイコスは、紙タバコに比べて煙も少ないし灰もでません。

 

そして、有害成分を90%カットしてるということで、今爆発的な人気になっています。

アイコスは2014年11月に名古屋市で試験販売を開始して、2016年4月から全国販売されました。

 

2017年3月末の段階では、アイコス本体の販売台数は300万台以上となっています。

 

電子タバコとは?

 

勘違いしてる人が多いので、次に電子タバコとは何なのか?を説明していきます。

 

『リキッド式電子タバコのべイプはタバコより害は少ないのか?』にも書いていますが、電子タバコとは総称なんです。

 

電子タバコとは、「電気を使ったタバコのことを電子タバコ」といいます。

なので、電子タバコの中に加熱式やリキッド式があるんです。

 

アイコスとかグローとかべイプは商品の名称になります。

まだわかりにくいと思いますので、詳しく説明していきます。

 

加熱式電子タバコ

まずは加熱式電子タバコからです。

加熱式とは、タバコの葉を電気で温め、加熱することによってニコチンを吸収するため加熱式電子タバコといいます。

 

アイコスやグロー、プルームテックなどはこの加熱式電子タバコに分類されます。

タバコの葉を使いますので、もちろん「ニコチン」と「タール」は含まれてます。

 

リキッド式電子タバコ

次にリキッド式電子タバコについてです。

リキッド式とは、本体に液体を入れて、発生した水蒸気を吸うタイプの電子タバコですので、リキッド式電子タバコと呼ばれます。

 

べイプ(VAPE)などがリキッド式電子タバコになります。

リキッド式電子タバコはべイプ以外にもたくさん種類があるため、私も把握はできてません(^^;)

 

それほど種類が多いのが特徴です。

肝心のニコチンとタールについてですが、国内で販売されているリキッド式電子タバコについては、「ニコチン」と「タール」は含まれていません。

 

注意して頂きたいのは、ニコチンとタールが含まれていないというのは、国内で正規に販売されている物に限ります。

 

インターネットなどで購入したリキッド式電子タバコには、ニコチンとタールが含まれている物もあります。

 

むしろ、海外で購入できるリキッド式電子タバコはニコチンが含まれている物が多いです。

 

海外ではニコチンが含まれている物が主流だからです。

なのでここは注意してください。

 

アイコスはタバコより健康被害は少ない?

 

ここまでご説明してきましたが、結局アイコスはタバコより健康被害が少ないのかどうかですよね。

 

タバコには、体に非常に悪い有害物のニコチンとタールはもちろん含まれています。

 

アイコスも結局はタバコの葉を使用していますので、ニコチンとタールは含まれています。

ですが、アイコスは有害物質を90%カットしたと書いています。

 

これをみるとアイコスの方が健康被害は少ないように感じますよね。

ですが私はどっちも同じくらい害があると思っています。

 

データ上では、もしかしたらアイコスの方が有害物質は少ないかもしれません。

でもまったくのゼロではありませんよね。

 

ここがかなり問題だと思います。

結局アイコスも吸い続ければ、タバコ吸ってるのと同じリスクになるのです。

 

アイコスはタバコより健康被害が少ないからいっぱい吸おう!ってなったら、健康面ではまったく意味ないんです。

 

だから私は結局はどっちも同じくらい害があると思ってるんです。

 

まとめ

いかがでしたでしょうか。

アイコスもタバコも健康被害という点でみると、どっちも対して差はないと思います。

 

前回の『マルマンの禁煙パイポでタバコをやめる方法』でも書いていますが、要は使い方なんですよね。

 

健康になるためにアイコスを使っては、ほとんど意味はありません。

タバコの臭いを緩和させる目的なら効果はあります。

 

このように使い方次第なんです。

もしあなたが健康に気を使ってアイコスを吸っているなら、ほとんど効果はないと思ってください。

 

ですが、周りの人はタバコほどは臭くないので助かってるとは思いますよ。

もし健康に気を使っているのであれば、禁煙が一番良いです。

 

これに勝るものはありません。

なのでもし禁煙したいと少しでも思っているのであれば、ぜひこちらに登録してみてくだい。

→https://kinen-lp.kinen-mind.com/kinen-lp/

 

無理なく簡単に90日で禁煙する方法を公開していますので。

 

禁煙すると良いことばかりですよ。

お金は減らないし、健康にはなるし、お肌も綺麗になります。

 

今はタバコを吸っているとまったくモテない時代になっていますので、タバコをやめればその分期待できます。

 

禁煙すると夢が広がるんです。

ぜひこの機会に禁煙しましょう。

 

参考になりましたでしょうか?

よかったらコメントいただけたらうれしいです!

 

最後まで読んでいただきありがとうございます。

このブログを「いいな」と感じていただけましたら、

下のランキングバナーを1回づつ押していただけると嬉しいです。

↓ ↓ ↓


人気ブログランキングへ

にほんブログ村 健康ブログ 禁煙へ
にほんブログ村

LINE@限定の禁煙情報もあります。

よければこちらも友達追加お願いします。

↓ ↓ ↓

友だち追加

Pocket
LINEで送る

6 Replies to “アイコスは本当にタバコより健康被害が少ないのか徹底解説”

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です