【禁煙失敗談】サラリーマンはタバコをやめられない!

Pocket
LINEで送る

『【禁煙失敗談】サラリーマンはタバコをやめられない!』

どうも!

禁煙コンサルタントの田中です!

 

先日、家族でランチを食べてるときに思い出したことがあります。

私は以前、「焼肉屋」で働いていたんですが、そこで禁煙に失敗した経験があります。

 

時期でいうと、250円から280円にタバコが値上がりしたあとくらいです。

なので、2003年の末くらいですね。

 

私が21歳くらいの時の話です。

ブログのプロフィールにも書いてますが、タバコの値上げがあったので、私の友人たちが禁煙を始めだしたんです。

 

私自身はタバコの値上げは気にしていませんでしたが、友人たちが禁煙するなら私もしようかなと思い、なんとなくで禁煙を始めました。

 

なんとなくで始めた割には、2週間くらい続き意外にいけるかもって思ってたんです。

 

すると、私が働いていた「焼肉屋」に、本部から部長がくるということで、私も含めて打合せすることになりました。

 

部長は気を使って、打合せする前に一服していいと言ってくれたんです。

今思うとなかなかいい部長だったかもしれませんね。

 

ですが、私は丁度禁煙中でしたので、「すいません、禁煙したんですよ」と部長に言いました。

 

すると、焼肉屋の店長が「いいから吸え」と言うわけです。

 

私は「いやだから禁煙してるから・・・」と数回押し問答して、結局私は吸うハメになりました。

 

打合せ終わった後店長に呼ばれ、

「何ですぐ吸わなかったんだ?せっかく上司が吸っていいと言ってるのに」

 

私は「禁煙したので・・・」と言うと、

 

店長は「上司が吸えって言ったら吸うんだよ!これがサラリーマンの常識だ!!」と言われました。

 

入社したばかりの21歳の私は、禁煙しても良いことないと思ってこのとき禁煙をやめました。

禁煙する意味ないですからね。

 

今思うとひどい話ですね。

ちょっと腹たってきました。

 

でも、サラリーマンって理不尽なこと多いんですよね。

こんなのは序の口でしょうね。

 

部下の手柄は上司のもの、上司の失敗は部下の責任。

大きい会社、小さい会社関係なく、いまだにありますからね。

 

私も何度も受けたことあります。

このストレスってかなりのものなんですよね。

 

このように過度のストレスを受ける環境では禁煙はなかなか難しいですよね。

 

医者も過度のストレスがあるので、タバコは悪いと知りながらも禁煙できない人多いんです。

 

もしあなたが過度のストレスが溜まる環境にいるのであれば、タバコでストレス発散していますよね。

そんな中禁煙するとよりストレスが溜まってしまいます。

 

ですので、タバコ以外のストレス発散をみつけないといけません。

禁煙ってだけでもストレスが溜まりますからね。

 

精神のバランスをとってください。

過度のストレスを受ける環境の人が禁煙する場合、タバコ以外のストレス発散をみつけて、それをするというのは結構効果あるんです。

でも、みんなやらないんですよね〜

そんなんじゃ禁煙できないと思って。

 

でもやれば効果はあるんで、もしあなたが過度のストレスを受ける環境にいるのであればぜひやってみてください。

きっと効果ありますので。

 

参考になりましたでしょうか?

よかったらコメントいただけたらうれしいです!

 

最後まで読んでいただきありがとうございます。

このブログを「いいな」と感じていただけましたら、

下のランキングバナーを1回づつ押していただけると嬉しいです。

↓ ↓ ↓


人気ブログランキングへ

にほんブログ村 健康ブログ 禁煙へ
にほんブログ村

LINE@限定の禁煙情報もあります。

よければこちらも友達追加お願いします。

↓ ↓ ↓

友だち追加

 

Pocket
LINEで送る

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です