グローは本当に安全なのか?グローの健康被害を暴露します!

Pocket
LINEで送る

『グローは本当に安全なのか?グローの健康被害を暴露します!』

どうも!

禁煙コンサルタントの田中です!

 

最近電子タバコアイコスの勢いはすごいですよね。

それに、プルームテックやグローなど種類もどんどん増えてきています。

 

そんな中、今までは仙台でしか販売していなかった『グロー(glo)』が今年の10月に全国販売を開始しました。

 

主要店舗以外にもアイコスやプルームテックと同様に、コンビニでも買えるようになりましたので、今後は使用する人も増えてくるかなって思います。

 

実際私もコンビニにいくと『グロー(glo)』がおいてあるのに気づき、どうなんかなぁ~って気になっていました。

 

特に私が気になっているのは、グロー(glo)の健康面です。

ですので、この機会にグロー(glo)について色々調べてみました。

 

そうするとやっぱりなぁ~ってことが判明しました。

グロー(glo)含む電子タバコは、健康面に良いとよくいわれますよね。

 

でも実際は健康に良いものではまったくないんです。

ほとんどの人はグロー(glo)について勘違いをしてるんです。

 

なので今回は『グロー(glo)は全然安全ではない理由と健康被害』について解説していこうと思います。

 

グロー(glo)とは?

まずはグロー(glo)とは何なのかです。

グロー(glo)とは、ブリティッシュ・アメリカン・タバコ・ジャパン合同会社(BAT)の

商品として販売されています。

 

タバコの種類

タバコの種類は以下になります。

ケント、クール、ラッキー・ストライク、ダンヒル、ジェー・ピー・エス、カプリ、カールトン、ポール・モール、ヴォーグ

 

加熱式タバコとは?

グロー(glo)は、電子タバコの種類のなかでは、アイコスやプルームテックと同様の加熱式電子タバコに分類されます。

 

『意外と知らない電子タバコ、加熱式タバコ、VAPEの違いとは?』にも書いていますが、タバコの葉を電気で温めて、加熱することによってニコチンを吸収するため加熱式電子タバコといいます。

 

ニコチン・タールは入っているのか?

グロー(glo)もそうなんですが、電子タバコってこの辺りがかなり曖昧なんですよね。

なので勘違いしてる人もかなり多いんです。

 

結論からいうと、グロー(glo)はニコチン・タールは含まれています。

グローに含まれているニコチン量は、公式発表で1mg~5mgの葉タバコと同等とされているようです。

 

それに加熱式という仕様上

「燃やさないから有害物質が少ない→タールは発生しない」

と考えている方も多いんですが、フィリップモリス社ですらタール量がゼロとは公言していないんです。

 

もちろんブリティッシュ・アメリカン・タバコ・ジャパン合同会社も公言してません。

 

まあ確かに入ってるとも言ってないので、私がタールは入ってると断言するのはおかしいかもしれません。

 

ですがもし本当に入っていないのなら「タールは入ってない」ってちゃんと公言すると思うんです。

 

だってそれってかなり他と差別化できるからかなりのメリットなんです。

でもそれを言わないってことは・・・ってことです。

 

ですが、電子タバコは従来の葉タバコと比較すると、有害物質が90%もカットされているので安全とよく言われます。

ほとんどの方が勘違いしているのはココなんですよね。

 

グロー(glo)は安全じゃない

まず気づいていただきたいのは、有害物質が90%もカットされていると言ってますが有害物質の残り10%は残ってるんです。

だから、ここだけでも既に安全ではないんです。

 

それに有害物質をタールだけだと思っていませんか?

ニコチンも有害物質ですからね。

 

電子タバコを勧めてるサイトをみると、ほとんどがタールは危険だけど、ニコチンは危険じゃないという風の書いてます。

 

まあタールは発がん性物質が入ってますので、もちろん体には危険な物質です。

ですが、ニコチンも十分危険なんです。

 

『ニコチンの危険性!知るとタバコは吸えなくなる!?』にも書いてますが、ニコチンはニコチン依存症だけではないんです。

 

ニコチンはその昔ゴキブリやネズミを駆除する薬として使われていたそうです。

駆除用の薬でしたので毒性はかなり強力なんです。

 

ニコチンは毒なのでもちろん病気にもなりやすいんです。

・狭心症や心筋梗塞

・動脈硬化

・腎臓病

・肌荒れや生理不順

・赤ちゃんや胎児への悪影響

このようにタバコはガン以外にも色んな病気になる可能性があるんです。

 

グロー(glo)の副流煙の危険性

上記をみていただいたら分かるように、グロー(glo)もニコチンやタールは含まれてるということが分かったと思います。

 

ニコチンやタールが含まれているということは、グロー(glo)の副流煙(水蒸気)も安全ではないですよね。

 

もちろんニコチンやタールが含まれている可能性は十分にあります。

むしろ入っていると思います。

 

先ほどと同様に、もし煙のニコチンやタールが含まれていないなら、ちゃんと公言すると思うからです。

それがないってことは・・・ということです。

 

いくら有害物質を90%カットしたからといって、病気にならないわけではありません。

グロー(glo)も葉タバコと同じように受動喫煙の危険性があります。

 

『妊娠中に煙草を吸うと絶対後悔する7つの理由』にも書いていますが、これと同じだけの健康被害がグロー(glo)にもあると思っておいていいです。

 

まとめ

電子タバコについては、かなり多くの情報が錯そうしていて、使用する人がちゃんと正しい知識を身に着けれないということがあります。

 

グロー(glo)にニコチンやタールが含まれていることや、ニコチンが危険だということを知らない人もいたのではないかと思います。

 

もし健康のためだといってグロー(glo)を使ったとしても、まったく意味ないんです。

だって有害物質のニコチンやタールが含まれてますからね。

 

もしあなたが妊婦で、グロー(glo)ならおなかの赤ちゃんに安全と思って吸ってしまったら、あなたの赤ちゃんは大変なことになるかもしれないんです。

 

なので、グロー(glo)は健康に悪い物と理解しておいてください。

メリットは葉タバコにくらべて、タバコ臭くないってことくらいです。

 

多少は葉タバコよりは健康に良いかもしれませんが、微々たるものでしょう。

それなら、ニコチンやタールが含まれていないべイプ(VAPE)の方がいいでしょう。

 

ですがべイプ(VAPE)も、ニコチンやタールが含まれていないからといって安全なわけではありません。

 

べイプ(VAPE)の健康被害もニュースにもなってたりしてるようです。

これからは電子タバコもどんどん規制されていきます。

 

今の葉タバコと同じように吸える場所がどんどん減ってくると思います。

電子タバコも結局はタバコなんでしょうがないです。

 

国も電子タバコの税金を上げようとしてますからね。

電子タバコの値段もどんどん上がりますよ。

 

なので一番いいのはタバコをやめることです。

これが一番健康に良いです。

ですのでぜひこの機会に禁煙しましょう。

 

『【禁煙のメリットまとめ究極の11選】禁煙は肌にも健康にもメリットしかない!』にも書いてますが、禁煙はメリットしかありませんよ。

自分のため、家族のため、子供のためにもこの機会に禁煙しましょう!

 

禁煙するためには

そうはいってもなかなか禁煙できない

何度も禁煙に失敗している

 

という方がたくさんいるのも事実です。

実際私もなかなか禁煙できませんでしたからね。

 

じゃあ私もあなたも、なぜ今まで禁煙できなかったのでしょうか。

それはある事を知らなかったせいです。

 

それは『考え方』なんです。

禁煙するための考え方がなかったから禁煙に失敗したんです。

 

まあこれを言うと、「考え方〜、そんなの関係ないよ」みたいなことをよく言われます。

だから禁煙できないんですよ。

 

禁煙に成功した人は全員この『考え方』が身についてるんです。

逆に身についてない人は絶対禁煙できません。

 

一時の禁煙はできますが、いつかは失敗します。

このように禁煙に成功するためには『考え方』を身につける必要があるんです。

 

ですがこの『考え方』は、残念なことにネットで調べてもでてこないですよ。

ですが安心してください。

 

ここで『考え方』を身につけることができます。

→https://kinen-lp.kinen-mind.com/kinen-lp/

 

禁煙したい!って思う方はぜひ登録しておいてください。

無料なので(^-^)

家族のため、子供のために禁煙したい方はこちら

↓ ↓ ↓ ↓ ↓

 

参考になりましたでしょうか?

よかったらコメントいただけたらうれしいです!

 

最後まで読んでいただきありがとうございます。

このブログを「いいな」と感じていただけましたら、

下のランキングバナーを1回づつ押していただけると嬉しいです。

↓ ↓ ↓


人気ブログランキングへ

にほんブログ村 健康ブログ 禁煙へ
にほんブログ村

私の日々のつぶやき、ブログの更新情報や商品のご案内などを配信していきます。

あなたの禁煙に役に立つ情報を日々配信していきますので、よければ友達登録お願いします。

↓ ↓ ↓

友だち追加

Pocket
LINEで送る

“グローは本当に安全なのか?グローの健康被害を暴露します!” への6件の返信

  1. こんにちは。
    時々拝読させていただいています。

    最近全国発売されたグローもやはりそうでしたか。

    職場ではちょっとした電子タバコブームで
    アイコス人気があって
    グローに関心を示している人が多いですが、
    従来のタバコとの差は微々たるものなのですね。

    LINEで田中さんもおっしゃってましたが、
    グローのパンフレットの
    モデルの
    “超かっこいい男性”が
    グローを吸っている写真をみても
    なぜか
    超カッコ悪いので、
    「これは、ないなあ」と
    感じていました。

    で、アイコスとグローの両方を
    試した人の話によれば、
    グローはアイコスに比べて
    マズイらしいです。

    1. こんにちは
      やはり電子タバコを吸われてる人は、グローも気になってるのですね。

      グローはやっぱかっこ悪いですよね(^^;)
      しかもマズイって・・・。

      やっぱりアイコスの方が人気でしょうね。

  2. タールのかちょっとよくわからないですが有害物質9種類中、2種類入っているけど、それ2種類自体もかなり抑えられているそうです。普通のタバコと比較して2種類の検出量?濃度?も圧倒的に少ない。考えれば考えるほど疑問はでてきますが、完璧な説明がほしいです笑

    グローの方が便利ですけど、見た目があれで、味はアイコスからグローに変えましたので、そういう意味でも味の嫌悪感はなかったです。逆にアイコスもそうでしたが、その味や匂いがクセになってきてしまった方です。メンソール好きにはグローの強メンソールっていうのが絶対にオススメです。私はメンソールたまにならいける口みたいですが、キモチ悪いほどメンソールしてます笑 私はメンソール吸ってる気になって無理でした笑

    ご参考まで

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です