リキッド式電子タバコのべイプはタバコより害は少ないのか?

Pocket
LINEで送る

『リキッド式電子タバコのべイプはタバコより害は少ないのか?』

どうも!

禁煙コンサルタントの田中です!

 

さて今回も電子タバコについてです。

電子タバコといっても今回はリキッド式電子タバコです。

 

『加熱式電子タバコのアイコスで禁煙できない原因とは?』にも書いてますが、私の周りでもタバコからアイコスやべイプなどに乗り換える人が多くなってます。

 

なんでタバコからアイコスやべイプに乗り換えたのか聞いてみると、

・健康のため

・臭いがないため

上記の2つが多かったです。

 

私はお金のためにアイコスやべイプに乗り換えてると思ってました。

べイプとかはかなり経済的ですからね~

 

ちょっと意外でしたよ。

意外に喫煙者も体には気をつかってるようです。

 

まあ私もタバコを吸ってた当時を振り返ってみると、タバコ吸ってるのに健康食品とか飲んでましたもんね(^^;)

何がしたいのかよくわかりませんよね(笑)

 

とまあタバコ吸ってても、みんな健康には気をつかってるんですよ。

なので健康のために、リキッド式電子タバコのべイプ(VAPE)に乗り換える人も多いんです。

 

まあ確かに電子タバコは、タバコより体に良いみたいなイメージはあります。

そうゆう風に宣伝してますからね。

 

でも実際は本当にタバコより体にいいのでしょうか?

なので今回は『リキッド式電子タバコのべイプは、本当にタバコより害は少ないのか?』について解説していきます。

 

電子タバコとは?

勘違いしてる人が多いので、まずは電子タバコとは何なのか?から説明していきます。

 

『意外と知らない電子タバコ、加熱式タバコ、VAPEの違いとは?』にも書いていますが、電子タバコとは総称なんです。

 

電子タバコとは、「電気を使ったタバコのことを電子タバコ」といいます。

なので、電子タバコの中に加熱式やリキッド式があるんです。

 

アイコスとかグローとかべイプは商品の名称になります。

まだわかりにくいと思いますので、詳しく説明していきます。

 

加熱式電子タバコ

まずは加熱式電子タバコからです。

今回の記事の中でも加熱式という言葉が何度もでてきてると思います。

 

加熱式とは、タバコの葉を電気で温め、加熱することによってニコチンを吸収するため加熱式電子タバコといいます。

 

アイコスやグロー、プルームテックなどはこの加熱式電子タバコに分類されます。

タバコの葉を使いますので、もちろん「ニコチン」と「タール」は含まれてます。

 

リキッド式電子タバコ

次にリキッド式電子タバコについてです。

リキッド式とは、本体に液体を入れて、発生した水蒸気を吸うタイプの電子タバコですので、リキッド式電子タバコと呼ばれます。

 

べイプ(VAPE)などがリキッド式電子タバコになります。

リキッド式電子タバコはべイプ以外にもたくさん種類があるため、私も把握はできてません(^^;)

それほど種類が多いのが特徴です。

 

肝心のニコチンとタールについてですが、国内で販売されているリキッド式電子タバコについては、「ニコチン」と「タール」は含まれていません。

 

注意して頂きたいのは、ニコチンとタールが含まれていないというのは、国内で正規に販売されている物に限ります。

 

インターネットなどで購入したリキッド式電子タバコには、ニコチンとタールが含まれている物もあります。

 

むしろ、海外で購入できるリキッド式電子タバコはニコチンが含まれている物が多いです。

 

海外ではニコチンが含まれている物が主流だからです。

なのでここは注意してください。

電子タバコは健康に良いのか?

上記のように電子タバコいって色々種類がありますので、間違わないようにしてください。

 

さて上記のことを踏まえて、電子タバコは健康に良いのか?ということを解説してきます。

 

まずは私の見解からお伝えします。

・加熱式電子タバコは紙タバコとほとんど一緒なので体には良くない

・リキッド式電子タバコはニコチンとタールは入ってないのもあるが、安全性は不透明なので危ない

という見解です。

ちょっと曖昧なところもありますので説明していきます。

 

加熱式電子タバコは体に良くない

上記の説明でも書いてますが、加熱式電子タバコはタバコの葉を使ってますのでニコチンとタール含まれてます。

もうこの時点で体には良くないんです。

 

ですが、加熱式電子タバコは有害物質を90%カットしてますって宣伝してますよね。

これが電子タバコは体に良いって錯覚を起こしてるんです。

 

よく考えてください。

90%はカットされてるかもしれませんが、10%は残ってるんですよ。

 

10%もニコチンやタールが残っていたら、体に良いわけがありません。

『【タバコの3害】ニコチン・タール・一酸化炭素の本当の恐ろしさ』にも書いてますが、ニコチンとタールの害は本当に恐ろしいですからね。

 

よって健康のために電子タバコに乗り換えるっていうのは、まったく意味がないということです。

ニコチンが含まれてますのでもちろん禁煙にも使いにくいです。

 

ですが、タバコの臭いを少なくしたいとかなら効果はあります。

こういったような理由で使うならいいと思います。

 

リキッド式電子タバコも危ない

リキッド式電子タバコは、海外の物は論外として、国内の物であればニコチンやタールが含まれていない物もあるので健康に良いように思えます。

 

まあ私も紙タバコに比べたら良いかも知れないなぁ~とは思ってます。

でも実際はニコチンやタールが含まれていないだけで、有害物質というのは他にもありますよね。

 

問題は加熱式電子タバコもリキッド式電子タバコも、中身を表記する必要が今はないということです。

なので何が入ってるかわからないという恐怖があるんです。

 

実際にリキッド式電子タバコの健康被害もかなりでてきてます。

まあそりゃ~そうだと思います。

 

体に異物を入れてるわけだから何かしら起こるのは当然のことです。

よって、リキッド式電子タバコはニコチンとタールは入ってないのもあるが、安全性は不透明なので危ないという見解にいたりました。

 

まとめ

今回は電子タバコは体にいいのかということを解説していきました。

結論からいうと、結局はどっちも良くないというのが私の見解です。

 

上記にも書きましたが、電子タバコは内容を表記する必要がありません。

なので全てにおいて不透明なんです。

 

だから体へのリスクも不透明なんです。

紙タバコの方はもうかなり解明されてますので、それに応じた対応もできます。

むしろ紙タバコで病気になってもしょうがないって思ってると思います。

 

ですが、電子タバコの方は体には悪くないと思って吸ってる人が多いんです。

ここが一番の問題です。

 

電子タバコはあまりに情報がないので、どんな病気になるのかわかりません。

もしかしたら、障害がでるかもしれません。

 

歩けなくなったり、目が見えなくなったり、耳が聞こえなくなったりするかもしれません。

正直わからないんですね。

 

これから何年かたてばわかるようになってくると思いますが、今現時点では正確なことはわかりません。

 

今回は「リキッド式電子タバコのべイプはタバコより害は少ないのか?」ということなので、リキッド式電子タバコのべイプはもしかしたらタバコより害は少ないかもしれません。

 

ですが、先ほど書いたように情報が少ないのでわからないというのがあります。

なので一番いいのは紙タバコも吸わない、電子タバコも吸わないというのが一番害がないです。

 

私が思うのは、健康とか気にするなら禁煙するのが一番いいです。

体とか気にしないし、家族もどうなってもいいというなら紙タバコでも電子タバコでもどんどん吸えばいいです。

 

でも自分の健康とか家族の受動喫煙の心配をするのであれば、電子タバコに乗り換えるのではなくて禁煙してください。

これが一番自分のため、家族のためになります。

 

自分のため、家族のために禁煙したいならこちら

↓ ↓ ↓ ↓ ↓

 

参考になりましたでしょうか?

よかったらコメントいただけたらうれしいです!

 

最後まで読んでいただきありがとうございます。

このブログを「いいな」と感じていただけましたら、

下のランキングバナーを1回づつ押していただけると嬉しいです。

↓ ↓ ↓


人気ブログランキングへ

にほんブログ村 健康ブログ 禁煙へ
にほんブログ村

LINE@限定の禁煙情報もあります。

よければこちらも友達追加お願いします

↓ ↓ ↓

友だち追加

 

Pocket
LINEで送る

“リキッド式電子タバコのべイプはタバコより害は少ないのか?” への2件の返信

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です